あなたのチャレンジを支援する

    NPO法人設立・運営サポート

              大西行政書士事務所 Web Site

事務所TOP 事務所案内 業務案内 特定商取引法の表示 相談窓口

ブログ サイトマップ 業務案内 リンク集 お問合せ窓口
NPO法人のことなら 大西行政書士事務所
日本行政書士会連合会会員   大阪府行政書士会会員      大西 康史 (オオニシ ヤスシ )

NPO法人設立・運営 株式会社設立 遺言・相続のことなら  大西行政書士事務所へ
大阪府、兵庫県、奈良県、京都府、和歌山県、滋賀県対応

NPO法人設立
NPO法人運営
NPO法人の会計
NPO法人の会計
会計処理基準
NPO法人の決算
記帳代行
業務依頼
NPO法人とは
株式会社設立サポート
遺言・相続サポート
事務所案内
特定商取引法上の表示
報酬額表
サイトマップ
リンク集
相談受付中
 NPO法人の会計

~ NPO 法人の羅針盤としての会計 ~

  1. NPO法人の会計の必要性

     NPO法人の会計を行う上で必要なことは、「何のために、誰のために会計を行っているか」ということを考えることです。
     NPO法に「毎年度の事業報告を行うこと」が定められているから仕方なくやっているというNPO法人さんも多いことかと思います。
     大西行政書士事務所ではそこから一歩踏み出した会計のあり方について提案させていていただきたいと思います。


  2. NPO法人の会計の目的

     NPO法人の会計の目的とは何でしょう?
    私どもは2つの重要な目的を持っていると考えています。

    (1) NPO法人の活動指針としての会計 
    (2) NPO法人を支援してくれている関係者への活動報告としての会計

    これらのことについてご説明したいと思います


  3. NPO法人の活動指針としての会計
     
     会計は法人の活動を金銭面からあらわしたものです。いうまでもないことですが、法人の活動と会計は表裏一体の関係にあります。
     決算書をみればNPO法人がどういった活動をしてきたのかを知る事ができます。しかしこれでは単に過去の事業についての報告に過ぎません。
     
     NPO法人の会計の本当の目的は、NPO法人の活動に評価を与え、今後の活動の合理化・効率化を図るための指針として活用することにあります。

     
    NPO法人の資金面を安定させ、より活発にNPO法人を設立した目的を遂行するためのデーターとして活用してこそ、会計の意味はあるのです。

     その為に必要なことは、内閣府の雛形を単純に使用するのではなく、各NPO法人の状況に応じて応用し、活用することです。


  4. 関係者への活動報告としての会計

     NPO法人には、様々な資金提供者が関わっていることと思われます。
    その資金提供者に対する報告も会計の重要な目的です。

     会費や寄付金を支払ってくれている方はもちろん、ボランティアとして無償で協力をしてくれている方もいるでしょう。
    それらの方にお金の流れを報告することは当然必要な義務です。

     
    会計の透明性を保ち、オープンにすることで、支援者の支持が得られるのです。そして支援者の支持こそが、NPO法人の将来を握っているのです。

     もし提供した資金や労力がどのように使われているか不明であると、今後それらの支援者の協力は得られないはずです。


  5. 大西行政書士事務所からのご提案

     
    NPO法人は設立する事が目的ではありません。NPO法人を維持し、設立の目的を達成することこそが、目的のはずです。

     幣事務所では、各NPO法人様の
    実情に合わせた会計のあり方について、お客様のパートナーとして共に考えて行きたいと思います。
     初回の相談料は無料です。まずはご連絡ください。

相談・依頼窓口