相続を争族にしないために

    遺言・相続手続きサポート

              大西行政書士事務所 Web Site

事務所TOP 事務所案内 業務案内 特定商取引法の表示 相談窓口

ブログ サイトマップ 業務案内 リンク集 お問合せ窓口
NPO法人と株式会社のことなら 大西行政書士事務所
日本行政書士連合会会員  大阪府行政書士会会員   申請取次行政書士  大西 康史(オオニシ ヤスシ)

NPO法人設立・運営 株式会社設立 遺言・相続のことなら  大西行政書士事務所へ
大阪府、兵庫県、奈良県、京都府、和歌山県、滋賀県対応

相続放棄はどのようにしてするの?

 相続放棄をする場合、自己のために相続が開始した事を知ったときから3ヶ月以内に、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所にたいし、相続放棄の申述をすることになります。

 *相続放棄は相続開始前(被相続人の生前)にすることは出来ません。

  1. 申述人
     相続人(相続人が未成年者または成年被後見人である場合には,
          その法定代理人が代理して申述します。)

     未成年者と法定代理人が共同相続人であって未成年者のみが申述するとき(法定代理人が先に申述している場合を除く。)又は複数の未成年者の法定代理人が一部の未成年者を代理して申述するときには,当該未成年者について特別代理人の選任が必要です。

  2. 申述期間
     自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内

  3. 申述先 : 相続開始地(被相続人の最後の住所地)の家庭裁判所

  4. 申述に必要な費用
     申述人1人につき収入印紙800円
     連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ確認してください。)

  5. 申述に必要な書類
     相続放棄の申述書1通
     申述人の戸籍謄本1通
     被相続人の除籍(戸籍)謄本,住民票の除票各1通
     ※事案によっては,このほかの資料の提出が必要な場合があります。

  6. その他
     相続人が,自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に相続財産の状況を調査してもなお,相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合には,申立てにより,家庭裁判所はその期間を伸ばすことができます。

    相続の承認又は放棄の期間の伸長の申立の手続き


≪相続の放棄の申述(20歳以上)をする場合の申述書記入例≫  相続の放棄の申述(20歳以上)をする場合の申述書記入例   



≪相続の放棄の申述(20歳未満)をする場合の申述書記入例≫

相続の放棄の申述(20歳未満)をする場合の申述書記入例











相談・依頼窓口

遺言書

遺言書作成のすすめ
遺言書の種類
公正証書遺言作成の流れ
公正証書遺言作成費用
自筆証書遺言作成の
流れと費用
遺言の取消し・変更
遺言・相続Q&A
ご依頼方法

NPO法人専門ページ
株式会社設立サポート
事務所案内
特定商取引法上の表示
報酬額表

相談受付中
事務所トップに戻る