あなたのチャレンジを支援する

    NPO法人設立・運営サポート

              大西行政書士事務所 Web Site

事務所TOP 事務所案内 業務案内 特定商取引法の表示 相談窓口

ブログ サイトマップ 業務案内 リンク集 お問合せ窓口
NPO法人のことなら 大西行政書士事務所
日本行政書士連合会会員  大阪府行政書士会会員   申請取次行政書士  大西 康史(オオニシ ヤスシ)

NPO法人設立・運営 株式会社設立 遺言・相続のことなら  大西行政書士事務所へ
大阪府、兵庫県、奈良県、京都府、和歌山県、滋賀県対応

NPO法人設立
NPO法人運営
NPO法人の会計
NPO法人の会計
会計処理基準
NPO法人の決算
記帳代行
業務依頼
NPO法人とは
株式会社設立サポート
遺言・相続サポート
事務所案内
特定商取引法上の表示
報酬額表
サイトマップ
リンク集
相談受付中
 NPO法人の会計処理基準


 ~ 真実性・明瞭表示・継続性 ~

 NPO法人の会計は、「原則」は定められていますが、「処理基準」は定められていません。各NPO法人様で会計の目的を考慮して、それぞれの形式で会計処理を行うことになります。

 毎年度の事業報告に、決算書の添付が義務付けられているからという、消極的な理由で会計処理をするのではなく、NPO法人様の活動の合理性・効率化を図る指針なるように、会計を処理したいものです。

    1. NPO法が定める会計の原則  (NPO法27条)

      (1) 「正規の簿記の原則」を構成する要件 (2項)

      記録の網羅性 すべての記録をもらさずに記録すること
      記録の検証可能性 全ての取引は客観的証拠に基づいて記録されること
      記録の秩序性 全ての取引は組織的で相互に関連して記録されること

      ・ 上記の要件を満たしていれば、単式簿記でも複式簿記でもOK
      ・ 複式簿記のほうが効率的な面が多い。


      (2) 真実性・明瞭性の原則  (3項)

      真実性 収支の状況や財産を、真正な内容で表示する
      明瞭性 勘定科目や計算様式を明瞭なものにすること

      ・ 計算書類の内容が、正しく、利害関係者にとって明瞭なものである事を求めたものです。


      (3) 継続性の原則  (4項)

      ・ 各NPO法人様が選択した会計処理の方法は、正当な理由がない限り変更する事ができず、継続して摘要する事を求めたものです。
      ・ これは各年度毎の会計書類の比較検討を容易にし、会計の透明性を確保するために求められている原則です。



    2. NPO法人の会計処理基準

      ・ NPO法人の会計には、基準を定めたものが存在しません。
      ・ NPO法人の会計の目的を考慮し、それを満足させる会計の処理方法を、各NPO法人様で考える必要があります。



    相談・依頼窓口